ニキビ化粧品の使い方

よく化粧品を肌につける時に手のひらでパンパンと叩きつけている人がいますが、これはお肌にはあまりよろしくありません。これはニキビが発生していてもしていなくても同じなのです。肌を叩くということは肌の角質を破壊する危険性があるからです。では、コットンを使用すればいいのかというと、必ずしもそうとは言えません。ニキビが発生している時はコットンの細かい繊維が肌を傷つける恐れがあるのです。
では、ニキビが発生している時にはどうやって化粧品を使用すればいいのでしょうか。
まず手をきれいに洗っておいて、その手のひらに化粧水をのせて肌をゆっくりと包み込むようにゆっくりと馴染ませていくのが一番良い方法です。
よくニキビ肌の人は油症肌の人だというイメージがあるようですが、実は乾燥肌の人もニキビにはなります。乾燥肌でニキビになる方の多くはいわゆる大人ニキビの症状の方です。こういう症状の方の化粧水の使い方としては、1回で化粧水をつけて終わりにするのではなく、少ない化粧水を何度かに分けて肌に水分補給してあげるという方法があります。さらに化粧水で水分を補給した後は、保湿クリームで肌を保護してあげる必要があります。
ただし、一番大切なことは自分の肌の状態を見極めて化粧品を使用することが一番大切です。

Copyright(c) ニキビ化粧品でニキビ対策をしよう All Rights Reserved.